英検準1級のレベルはTOEICではどれぐらい?仕事で英語を使えるレベル?

英検準1級のレベルはどれぐらいなのか?について当記事では書いていきたいと思います。まず、すごく幼稚な言い方しますが、英検準1級のレベルって結構高いですよ!持っている人すごいと思います!それで、じゃぁTOEICではどれぐらいなんだ?とか仕事に活かせるレベルなのか?などなど色んな指標を求めている人が多いことと思います。というわけで、今回は英検準1級のレベルを私なりに表してみましたのでご覧ください!

Sponsored Links

英検準1級のレベル、TOEICではどれぐらい?

まず、英検準1級のレベルをTOEICと照らし合わせた場合ですが、だいたいTOEICで750点以上はとれるレベルです。色々とこのレベルには評価が分かれそうですが私は自信をもっていいレベルだと思いますよ。

ただ、分かって欲しいのは、TOEICって何度も受験していると、問題のパターンが分かってある程度暗記で高得点をとれるなんていう一種の都市伝説のようなものがありますよね?これね、正直実際のところあるみたいですよ?

なので、TOEICを何度も受けているという人はTOEFLなどの試験を受けてみてください。

英検準1級のレベル、英語で仕事できるレベル?

英検準1級というだけで英語で仕事ができるかどうかを考えているのであればはっきり言って甘いです。

というのも、英語を使って実際に仕事をするのって肩書や資格試験よりも経験の方が重要になってくるからなんです。

私も過去に同じような思いを抱いたことがありましたが、今ならちゃんとわかります。

自分が会社の人事部であるならば、英検準1級を持っていて海外経験が全くない人間よりも、英検5級もとれてない人間であっても海外渡航や外国人とのやり取りの経験が豊富な人間を採用するかもしれません。

理由は簡単です。

知識と経験では得るために必要なお金も時間も全然違うからです。

ただし、これからグローバルな人材を育てていくんだという会社の場合、英検準1級というのは決して低いレベルとは見られないでしょう。むしろ、仕事をするための英語の基礎力がしっかりと備わっている人材を見られると思います。

英検準1級のレベルになると英語が話せる

凄く月並みなこといいますけど、英検準1級のレベルの人は英語が話せます。

というのもですね、英検2級までの人って、英語が話せる人は全員か?というと決して100%そうではないのです。

ただ、英検準1級を持っているレベルの人はまず英語を話せますし、英語でのコミュニケーションをとることができます。

逆に言えば、それぐらいの英語力がなければ英検準1級ってとれないんですよ。

英検対策講座byJ1最新記事5記事

英検準1級の難易度は大学生でも難しいレベルなのか?
英検準1級でアルバイトはどんなものがある?求人募集は?
英検準1級のレベルはTOEICではどれぐらい?仕事で英語を使えるレベル?
英検2級合格まであと100点は惜しいのか?
英検準2級を大人(社会人)で受験するのはどうなのか?

本日もご覧いただきありがとうございました。トップページから英検、英語に関する様々な他のコンテンツをご覧いただけますので是非ともトップページや他の記事も見てやってくださいね!

トップページ→英検対策講座byJ1



Sponsored Links

フォローする