英検2級合格まであと100点は惜しいのか?

英検2級を受験して結果が来て見てみると、あと100点だった。あ、英検2級の一次試験の話です。これって、惜しいんですか?みたいな質問をネット上で見かけました。やっぱり、みんな英検で不合格となっても自分の立ち位置が合格まであとどれぐらいなのかというのを気にしちゃうものなんだなぁと思いましたね。さてさて、それでは今回の本題である英検2級があと100点が一体どうなのかについてお話してきましょう。

Sponsored Links

英検2級あと100点!な人が理解すべきこと

まず、理解してください。

惜しくないです!

英検2級のレベルに達していません。英検2級お受験資格ないです!

ごめんなさいね、ちょっとキツイこといますけどでも、これを理解していないとどれだけ永遠2級にチャレンジしてもお金の無駄になっちゃうんです。

まず、焦らずレベルを落としてもう一度勉強し直してみることをオススメします。

英検準2級に合格したから英検2級の受験へと踏み切ったってことだと思うんですが実はね?英検準2級と英検2級の間ってすっごーく高いカベがあるんですよ。

少なくとも私にはそう感じましたよ。

準2級までって、正直中学校の延長みたいな部分があるんです。

ただ、英検2級からは本格的に英語をやってる、勉強している人じゃないとなかなか太刀打ちできないんですよ。

英検2級からはある程度のセンスも必要

英語なんて誰だってできるんだ!って言葉聞いたことあるでしょ?

私もこの意見には大賛成です。英語なんてただの言葉、やれば誰だってできるようになります!

ただね?できるようになるというのと、高いレベルまで行きつけるていうのはまた別の話だと思っています。

もしも、努力で全て片付くのであれば漢検1級、硬筆検定1級、さらに言えば運転免許

日本人なら全員受かってないとおかしいですよね?どれも暗記や練習、努力でなんとかなるレベルのもののはずです。

しかし、世の中には頭がいいのに運転免許を取得できない人や何回練習しても硬筆検定3級どまりの人、暗記で全て片付くはずなのに漢検の上級に合格できない人。

そういう人に皆様、どういう言葉をかけますか?

「あー、センスがないんだねえ」

って言っちゃうでしょ?w

だから、私は敢えていいます。

英語のセンスがないと感じたなら2級以上の挑戦にやっきにならないことです。

かといってお前は英語が一生できねえんだよ!って言ってるわけではありません。

英語の中でも色々なセンスがります。

試験に通用しない人でも、英語をしゃべらせたらピカイチな人もいますし、逆に英語を全く話せないのに英語の文法や単語の知識は大学教授のようなれレベルの人だっています。

他にも、歌やスピーチ、執筆などなど色んなセンスがあるんです。

こういうサイトやってていうのもなんですが、英検というものにあまり執着しすぎないでください。

一番大事なのは英語を楽しむこと。

私はそう思っていますよ。



Sponsored Links

フォローする