英検3級に受からない!何度も落ちてしまう人の特徴

英検3級に関する情報は当サイトでも人気コンテンツとなっております。それだけ英検3級に真剣に取り組んでいる人が多いのだと思います。いいことですね。

まぁ、英検3級を中学校とかで半強制的に受験させられたり、高校受験のために有利!だと聞いて英検3級受験に向けて必死になっている中学生たち。

というのもあるでしょう。

さて、そんな英検3級ですが、

何度受けても受からない。

英検3級に受からない!

合格できない!

と嘆いている人もいることでしょう。そんな方々ははっきりいて、自分が英検3級に受からない原因が分かっていません。

原因が分からないままどれだけ英検3級の対策を単語だの、文法だのやっていったところで英検3級合格にはなかなかたどりつけません。

だって、受からないという結果に至った勉強法をずっと続けているのですから当然といえば当然ですよね?

今回はそんな英検3級に受からない人のためのアドバイス記事になります。それでは本日も最後までお付き合いくださいませ。

Sponsored Links

英検3級の勉強、相変わらずですか?

英検3級受からないんだよ!といいつつ、ずっとおなじ勉強をしている方。

今すぐ方向転換をする必要があります。

重複しますが、失敗した方法をずーっと続けてもはっきり言って効果ないです。

でも、こうやって言葉で見ればわかるのに現実としては同じことの繰り返しな人が多いのです。

それはなぜだと思いますか?

答えは簡単で、自分は勉強が足りなかったから英検3級に受からなかったんだ!と思い込んでしまっているからです。

量ではなく質の問題なんだ!とまずは認識してください。

英検3級に受からない人に足りない勉強

英検3級になかなか受からない、落ちてしまう、不合格になってしまうそんな人がもしも私に

自分の英検3級への勉強、何が足りませんか?

と聞いてきたなら私は全員に同じ返答をします。

あなたが普段の勉強において逃げてるものすべてです。

英検3級まぁ3級に限らず英検とかTOEIC、他の資格勉強でもそうですけど、自由に勉強できるって自分のペースでできるところがいいところでも悪いところでもあるのです。

自分のペースで勉強をすすめていける!これはメリットですよね。

朝方、夜型もタイプがありますし習熟度だって人それぞれです。

しかし一方、自分のやりたいようにできるというだけあって、知らず知らずのうちに自分がやりやすい勉強ばかりやってしまう。ということにもなってしまいがちなんです。

例えば、英単語の勉強ばーっかりやってしまっている人は完全に文法が足りていません。

逆もまたしかりで文法ばかりやっていると英単語がおろそかになります。

この記事をここまで読んで、「あ、なんか英検の勉強偏ってたかも」と思った方、ぜひ今日から今までの英検3級に向けての勉強を見直してください。

どんな勉強をやればいい??

さて、ここまでくるとじゃぁ実際に英検3級に向けてどんな勉強をしたらいいんだよ!

と思うと思いますのでいくつか紹介したいと思います。

単語力を鍛えるのは暗記じゃない!

まず英単語の勉強がおろそかだったという人は、英単語をノートに何度も書き取って暗記!

みたいな勉強はやらずに、自分で英単語を使って英作文をやる練習をしましょう。

一応言っておきますけど、英単語をノートに何度も書き取るっていう勉強ですが、学校の先生でも未だに推奨している「素晴らしい指導力」をもった先生がいるようですが、

絶対にやめましょう・・・

英語をはじめたての人がやるならまー効果ありますし英語に慣れるという意味では小学生の感じ書き取りみたいな感じでいいとは思うのですが英検3級レベルともなればそんな勉強法はあまり意味がないですし、仮にしっかり覚えられたとしてもすごく遠回りになってしまいます。

そうではなくて、自分で英作文をしてみましょう。

例えば、sinceという英単語。~からという意味ですが、自分で英文を作れますか?

I’ve learned English since I was 4yo.

私は4歳のときから英語を習っている。

月並みな英文ですみませんねww

まー例えばこんな感じで英文を作ってみるとね?英単語の意味を単に覚えるよりもはるかに色んな事が学べるわけです。

この場合だったら、

現在完了形

since

過去形

の要素が含まれています。それぞれを単元を勉強してのみで理解しようとすればなかなかしんどいと思いますがこういった英文で「慣れ」ていくことで自然に英語力が身についてくるのです。

英文法の極意は辞書にあり

英文法の勉強なんてどうしたらいい?と悩んでいる人は意外と多いのです。確かに、私も学生時代に英文法の勉強というのはおろそかにしがちでした。

しかし、英文法の理解が深まれば英語がより分かりやすくなるので、今までできていなかった人は必ずやりましょう!

じゃぁ英文法の勉強ってどうやるの?って話に戻りますが、私個人的には辞書をよく読むことをオススメします。

電子辞書でも紙の辞書でもどちらでもいいのですが、辞書って英単語の意味を調べるためだけのものではないんです。

よく見てみると、教科書顔負けの詳しい解説が書いている場合があります。

英検3級の範囲の英単語を一つ一つ辞書で調べていき、しっかりと読んでみましょう。そこには、

・英単語のスペル

・意味

・発音記号

・品詞

・派生

・例文

これだけの情報が詰まっているのです

リスニングはこなした数だけうまくなる

リスニングの勉強あまり・・・というか、してないよーって言う人!

そうですね、凄く沢山いますよねww

省略されがちなんですよねリスニングの勉強って。でもね、英語が苦手だったり思うように手数が伸びない人ってほぼ間違いなくリスニングが苦手なんです。

リスニングは数をこなしたもの勝ちです。

とにかく正解、不正解は気にせずに何度も何度も繰り返して耳を慣らしましょう。

今日のオススメ英語教材

本日もご覧いただきありがとうございました。以下、サイトマップになります。英検対策講座内の他の級に関することや他の勉強法などをご覧いただけます。ぜひとも一度チェックしてみてください。

英検対策講座byJ1サイトマップ



Sponsored Links

フォローする

Sponsored Links