英検4級、英作文の勉強を取り入れることでの大きなメリット

英検4級、英作文と聞けば、英検4級の試験内容に英作文の問題があるのではないかと勘違いしてしまう人がいますがそうではありません。私がこれからお伝えするのは英検4級の英文法や英単語の勉強の一環として英作文を自分でやるとレーニングを取り入れてみてはいかがでしょうか?という提案であります。実は英検4級の勉強に英作文を取り入れることで大きなメリットが得られるのです。

Photo on Visualhunt

Sponsored Links

英検4級の勉強に英作文?実は大きなメリットが

正直なお話をするとですね、英検4級の時点で英作文のトレーニングを本格的に行うのは少々早いというのが一般的な意見かもしれません。

もちろん、単純な単文であればやることはあるでしょうけど私が言っているのは割と長めな長文を作るトレーニングです。

これには英検4級の出題範囲が大きく関係しています。

英検4級からは今まで他の記事でも何度も申し上げているように英文法の難しさが英検5級とはガラリと変わってきます。

助動詞、受動態、Can、不定詞。

これらを理解するのに、ただの暗記や机上のノートに書き取ったりするだけの勉強では不十分な部分も多いのです。

ではどうするのか?

これもまたこのサイトで何度も言ってますがとにかく英単語や英文法を使うことなのです。

ビジネスの世界でもインプットとアウトプットという話が出てきたりします。

これは、何かから学んでそれを自分で発信することができることが大切だということです。

インプットは英語の教科書や参考書、問題集などから英単語や英文法の知識を自分の頭に取り込みそしてアウトプットでは実際にそれらを使ってみる。

生きた英語を使えるようになろう!

生きた英語を使う!

この意識を英検4級の時点から持つことで英検4級はもちろんのことそのあとの英検3級以上の級であったり、TOEICであったりさらには英会話の勉強にも大きくつながってくるのです。

英検4級の時点からそこまで見据えて勉強するなんて言うと、できるだろうか?大丈夫だろうか?と少々不安になってしまうかもしれませんが、だからこそこの時点からやっておくことで英語の地盤をより大きく広く固いものにすることができるのです。

英検4級の英単語の勉強が5級よりけた違いに難しくなる理由でもお話したように4級からはグンとレベルがあがります。

英作文を英検勉強に取り入れることでライバルに差をつけて確実なそして高い英語力を身に着けていきましょう!



Sponsored Links

フォローする