英検4級が高校入試で役立つケースとは?

英検4級は中2レベルの英語力。そして高校入試はもちろん、中学校3年間の学力が問われるもの。当然、英検4級のレベルでは英語の試験にはあと1年足りないわけです。となると、高校受験を控えている人が英検4級所持および、英検4級程度の英語力では準備が不十分のまま高校受験を迎えてしまいかねません。もう高校受験まで日にちがありません。そんな中でも英検4級レベルでできることがあります。今から書くことを実践いただけるのであれば高校受験の英語の試験において最悪のケースは免れることができるかもしれません。

今回の記事、高校受験生必見です!

Photo on Visual hunt

Sponsored Links

英検4級レベルで高校受験に役立つ方法

まず、今の段階から英検3級レベルの英語力まで英検4級レベルから持ち上げるなんてことを考えるのはやめましょう。あまりにも非現実的な話です。

ではどうするのか?

まず考えてみてくださいよ?

高校入試の英語の試験の範囲はどこからどこまでですか?

もちろん、中1英語から中3英語までの中学校の英語すべてが対象となります。

対して英検4級は中学2年までの英語力で網羅できていません。

でも、3年間のうちの2年間はクリアできてるってことですよね?

3分の2は頭に入っているハズなんです!

英検4級の内容を完璧に復習する

これ、やってみてください!

今から知識を新たに足したりするのはあまりにも時間がたらなすぎます。

もちろん、英検3級がギリギリ合格しない英検4級であれば話は変わってきますよ?

でも、英検4級ギリギリで合格したみたいな人であるならば、3級の内容を今の時点から新たに詰め込むのはやめておきましょう。

今あるものを固めるのです!

先ほども言ったように英検4級で中学英語の3分の2は単純計算でできていることになります。

なので、これを完璧に復習すれば、ヘタに3年間の英語をうすっぺらーく、てきとーにやった人よりも点数がとれることもあるのです。

受験勉強、切羽詰まったのなら質を高めるべし!

英語もですけど、他の教科も試験や受験であと日数がないよ!なんてときは今ある自分の力の質を高めるようにしましょう。

新たに覚えるといってもこの時期からなら暗記に近いような状態になりますしそれだって受験当日まで持ちこたえてくれるかどうかの保証もありません。

暗記だけであれば最悪受験当日の朝でもできます。

高校受験本番まで、英検4級ギリギリどまりの人は、その4級の内容を完璧に、固めていきましょう。



Sponsored Links

フォローする