英検4級が難しすぎると感じる理由は中1英語だった

英検4級を受験するぞと心に決めて、勉強もして受験したら英検4級ってこんなに難しいの?と感じる人がいます。これね、ある種英語に対して真面目に向きあってる証拠でもあるんですよ。いい加減に英語やってる人って難しいとか簡単とかすら分からずに試験受けても受かればよかった、落ちたら残念といった単純な考えしかでてきませんからね。

だから、英検4級を難しいと感じれることって英語をちゃんと勉強しようという意思の表れでもあるんです。

そんな頑張り屋さんのために今回は英検4級が難しいと感じる人に向けてヒントをお送りします。

Photo on Visualhunt

Sponsored Links

英検4級が難しい?原因は中1英語

英検4級が難しい原因はなんでしょうか?

普通に勉強不足で難しく感じているという理由もありますがそれよりももっと前の段階に原因がある場合があります。

それはずばり中1英語です。

中1英語ははっきりいって易しいレベルであるために学校のテストにしても英検5級にしても合格であったり高得点をとれる基準が結構甘く幅広いのです。

しかし、ここでの理解度の差がどこに響くかというとそれは中2の英語であり英検4級なのです。

他の記事でもお話していますが、英検4級から助動詞だの現在進行形だの一気に文法的な事項が増えてきますし覚えなければいけない英単語も増えます。

中1英語の復習することの重要さは中学生も社会人も変わらない

さて、中2レベルである英検4級受験者に向けてお話しましたが、中1英語の復習はなにも中2の人や中学生に限ったことではありません。

高校生、大学生であっても社会人の人であっても英語が苦手で見直したいと考えている人にはぜひともおすすめしたいことであります。

結局、英語が苦手な人ってね、中1で知らないうちに躓いてる人が多いんですよ。

それをそのままひきずっても中2、中3はなんとか乗り切れるんです。

で、高1の英語も中学校の英語のそれとあまり変わらないのでまぁそこそこのりきれる。

大学進学の際には英語をあまり重要視しない学科であったりそういうレベルの大学に進むか、猛勉強で暗記して乗り切る。

こういったルートで社会人になった人、結構いますよね?

そして就職5年目ぐらいでふと何かのきっかけで気づくんです。

ああ、英語やっとけばよかたなぁ。でもどこからつまづいたんだろうか。

もしもそんな感じで気づいた方がいればお答えいたします。

悪いことはいいません、中学1年生の英語からやり直してみましょう。そこから英語のデキル人に変身することだって今からでも可能なのです。



Sponsored Links

フォローする

Sponsored Links