英検4級一夜漬け!明日が試験!対策は??

英検4級、まぁほどほどに勉強しておけば受かるだろう。そんな気持ちで英検本番1か月前、1週間前と迫ってきてとうとう英検4級が明日というレベルまで何もせずに放っておいた皆さま。こんにちは、英検請負人のJ1です。さあ、1日というか残り24時間もない状態の人もいるかもしれないこの状況で何をしましょうか?

そんな土壇場のヒーロー、ヒロイン達よ、もう打つ手はないことでしょう。

ならいっそ、このJ1の言うことにチラと耳を傾けてみませんか?

Photo by winnu on Visual Hunt /  CC BY

Sponsored Links

英検4級、一夜漬けプラン

さて、それでは、英検4級一夜漬けプランを私なりに紹介していきます。

1、助動詞は本当に、本当にちゃんと理解しておけ!

これなんでこれほどまでに言うかというと、英検4級あたりからなんですよ、英語の助動詞が本格的に出てくるのって。

だから、普通の名詞とかが少々分からないとか最悪、一般動詞もちょっとーってなっても助動詞がしっかりと理解できていればなんとかなることもあるんです。

逆に助動詞があやふやでもなんとなくわかる感じにはなるんですけど、意味が全然違う意味にとれていたり、助動詞の選択問題なんかでは全くアテの違ったものを選んでしまったりする可能性もあるのです。

2、中2の英語の教科書だけは読んでおこう

もう明日ですよね?

中1の単元も危うい人いるでしょうけれど、この際いいです!

中2だけ!しかも読むだけ!

もちろん、音読です!

できる限り何度もやっておいてください。そして余力があるなら欄外に書いてある英単語の意味や解説文も音読しましょう。

やっぱり声に出して読むってすごくいいんですよ!

よく五感を使って学べとかいうでしょ?

あ、匂いとかはどうするんでしょうね?・・・英単語の匂いとかかな?

3、リスニングCDは聞き流しでもいいから聞いておこう

教科書付属のCDでも英検4級過去問集付録CDでもなんでもかまいませ。

教材用に作られた英語のCDをとにかく聞きまくってください。

これはリスニング試験対策がメインです。

きっと、勉強が一夜漬けコースになってしまう人はそれまでの英語の勉強もあまり真面目にはやってきていないことでしょう。

特に!リスニング対策なんて、わざわざ自分から勉強しないと授業ぐらいでしかやりません。

ということは、英語を聞くということにほとんど慣れていない可能性が非常に高いのです。

重複しますが、英語は五感で勉強しましょう。



Sponsored Links

フォローする

Sponsored Links