英検3級の単語数合格に必要なのは?覚え方と勉強方法も紹介

英検3級の単語についてです。

まず、英検3級に必要な英単語の勉強法とかよく出る英単語とか色々考えますがやはり一番最初に思うのって、英検3級に必要な単語数ではないでしょうか?

単語数、語彙数ともいいますね。

さて、この英検3級における合格に必要な単語数そして、英単語の覚え方や勉強方法なんかについても詳しく紹介していきますよ!

画像出典:amazon.jp

Sponsored Links

英検3級合格に必要な単語数は?

まず最初にお断りしておきますが、今から紹介する単語数を満たしたからと言って必ず英検3級に合格できるというわけではないのでそのあたりはどうか悪しからず。

それでは紹介します。

英検3級においては、最低必要単語数は1300語程度です。

これは、英検3級の出題範囲の英単語数の2100語のおおよそ6割に該当する単語数であり英検3級の合格点数を考えたときのあくまで数字のみでのデータです。

さらに、この語彙の中には固有名詞も含まれています。

固有名詞というのは、AmericaとかLondon、The beatles といった人やモノ、土地の固有の名前のことです。

この単語数を満たそうと思えば自然と中学生で習う英語を全て勉強する必要があることになります。

さて、そんな中学3年間の英単語を勉強するにはどうしたらいい?

中学校3年間の英単語の覚え方は?

そんな疑問に以下から答えていこうと思います。

英検3級の単語の覚え方は?

まず英単語の覚え方についてですが、これにはアルファベットの読み方をしっかりと覚えておく必要があります。

アルファベットの読み方と聞くと、おそらく100人いれば100人が「そんなものはもうとっくに分かっている」と答えるでしょう。

しかし、大多数の人が知っているのは日本語の発音での英語のアルファベットの発音です。

これがどういうものかというと、日本人の子供が英語のアルファベットの発音をする感じです。

エー、ビー、シー、ディー

至極単調な読み方ですよね?

でも、本当のネイティブの英語のアルファベットの発音を一度聞いてみてください。

どうですか?

日本人のソレとは違うことが分かっていただけると思います。

しいて日本語のひらがなで表記するのであれば

Aはエィといった具合で単純なものではなく我々日本人からすれば複雑ともとれる発音構造になっています。

この英語のアルファベットの発音をしっかりと学ぶことで英単語の発音に慣れ、覚えもよくなります。

あとは、英単語を覚える方法は書き取りや英作文、英日記と色々ありますがいずれにせよちゃんと声に出しながら行うことが大事です。

この英語を実際に声に出すことの大切さについては「英検3級の勉強法、これができれば99%合格!」でも解説していますのでそちらも是非合わせてご覧ください。

英検3級の勉強法、これができれば99%合格!

英検3級の英単語の勉強法は英作文が一番効果的

英検3級のライティングがレベル高すぎw中学生向けじゃなくね?英検3級ライティングの英作文の書き方でも紹介しているように英検3級では英作文の問題ライティングの問題もあります。

このライティングの訓練にもなるので私は英作文を自分でやることを英単語の勉強法としておすすめしています。

自分で考えて英語を使うことほど英語が強く身に着く方法はありません。

日本語だって、自分たちで幼いころから使うことによって習得してきた言葉です。

だったらば、英語だって同じなのです。

以下、サイトマップになります。英検対策講座内の他の級に関することや他の勉強法などをご覧いただけます。ぜひとも一度チェックしてみてください。

英検対策講座byJ1サイトマップ

Sponsored Links