英検3級のリスニング勉強法、多くの人が見落とす意外なポイント

英検3級のリスニングの勉強法って結構迷いませんか?リスニングって聞いた英語の内容についての設問に答えるものですから、基本的には筆記試験つまり一次試験用の勉強だけをして済ます人が結構多いんです。しかし、リスニングは英検3級において結構大事なんですよ。というのもですね、英検3級の一次試験・筆記試験の問題配分というのがリーディング、ライティング、リスニングの割合が、30:1:30という具合になっています。

仮に、リスニングテストすべてを落としてしまったら英検3級の一次試験は不合格になってしまいます。

画像出典:amazon.jp

Sponsored Links

英検3級、リスニングの勉強法大公開

英検3級のリスニングの勉強法についてですが、一般的には、英語の発音の収録されているCDをよく聞きましょうとか、英語のラジオを聞きましょうとかたぶん学校の先生とかはそういった月並みなことぐらいしか言わないと思います。

ただね、そういった勉強法をある種真に受けて馬鹿正直に実行したところでそれほどリスニング力って上がらないんですよ。

そりゃ、耳の慣れって意味では多少は上がりますけどね。

やっぱりリスニング対策のためのそれなりの勉強法があります。

英語をすべて聞かない

まず、すべての英語を聞こうとしないことです。

この訓練を行ってください。

全て聞かない、じゃあどこを聞くの?って話になると思うんですが、需要語句を耳で探す訓練を行いましょう。

リスニングの中での重要語句といえばまず名詞。

人の名前であったり、人称代名詞のHeやSheなども含まれます。さらには建物の名前、部活動名なども重要になりえます。

次は動詞、形容詞あたりです。

これだけで十分というわけではありませんが、これだけを聞き取っても割かし文章の内容が分かるようになります。

リスニング内容をメモするくせをつけよう

意外に知らないという人もいるんですが、英検3級の受験中にリスニングの内容のメモをとってもかまわないんです。

問題用紙にリスニングで聞き取った言葉を英語でも日本語でも自分が都合がいいほうでメモしておきましょう。

リスニング音声が流れる前にリスニング問題の方を先に見ておこう

もしも、リーディングのほうで時間が余っているのであればリスニングの問題を先に見ておいてもいいでしょう。

問題文だけ見ても意味あるの?なんて思ってしまうかもしれませんが、結局リスニングの内容とリンクしているわけですから、実際に音声を聞いたときに理解が深まることは間違いありません。

以下、サイトマップになります。英検対策講座内の他の級に関することや他の勉強法などをご覧いただけます。ぜひとも一度チェックしてみてください。

英検対策講座byJ1サイトマップ

Sponsored Links