「 英検4級 」一覧

Sponsored Links

英検4級文法の対策を攻略して合格を手にする!

英検4級文法の対策を攻略して合格を手にする!

英検4級を受験しようと考えるときにまず第一に気にしてほしいのが英検4級の範囲の文法です。もちろん、英検4級に限らず英語学習全般において英文法は大切なのですが、英検4級を受験する人にとっては、英文法というのは第一の関門のようなものなのです。ではなぜ第一の関門となるのか?それは、英検4級が下から2番目の級というところにあります。英検5級ではそれほど難しい英文法というのはありませんでした。そのため極端な話、英検5級では英単語さえ暗記すれば合格するといっても過言ではないほどの簡単さでした。 さて、級は変わって今度は英検4級です。英検5級の延長でしょ?などと思ってかかると思わぬ痛手を負うことになってしまうかもしれません。

英検4級の単語が一番覚えやすく一番需要なんです

英検4級の単語が一番覚えやすく一番需要なんです

英検4級の英単語、効率的に勉強したいですよね?早く覚えたいですよね?実は、英検4級の英単語って一番効率よく覚えられるんです。覚え方なんかもそれほど難しくなく割とスラスラ行ける人も多いのです。しかし、一番重要なところでもあります。何の中で一番重要かというと、英検いや、英語学習の中で一番重要と言っても過言ではないと私は思っています。 さて、今回はそんな英検4級の英単語の勉強法や覚え方などについて紹介していきたいと思います。

英検4級,5級もスピーキングテストを絶対に受験した方がいい2つの理由

英検4級,5級もスピーキングテストを絶対に受験した方がいい2つの理由

英検4級、英検5級にもスピーキングテストができて受けられるようになったということをまだ知らない人も多いのではないでしょうか?もしも、今このブログを見てくださっている方で英検4級、英検5級のスピーキングテストを受けようかどうしようか迷っていたり自分の子供に受けさせるべきかどうかを迷っているのであれば私はこう断言します。 ぜったいに受けた方がいいですというか、絶対に受けてください。 今私は絶対にと申しました。ここまで言い切るにはもちろん理由がございますのでそちらのほうも述べていきたいと思います。

英検4級に落ちたに考えるべき4つのポイント

英検4級に落ちたに考えるべき4つのポイント

英検4級に残念ながら落ちてしまったときにあなたはどう思いますか?悔しい!なんで落ちたんだ、自分なら英検4級に合格できると思ったのに!とか、まぁ英検4級落ちるだろうなって思ってたわ、いずれにせよ、多かれ少なかれ、なんで落ちたんだろう?という考えにはいきつくはずです。今回は、私の考え得る範囲ではありますが、英検4級に落ちてしまった人が振り返ってみるべきポイントをいくつか紹介します。

英検4級対策!形容詞で絶対に覚えるべきルール

英検4級対策!形容詞で絶対に覚えるべきルール

英検4級で英単語を勉強するにあたって、助動詞が大切になってくるお話は以前にやったとは思いますが実は形容詞も大事なんです!まぁ形容詞も覚えろってことだろ?って今思った方、ただ覚えるだけでは実は不十分!英検4級では形容詞はより深く知らなければいけないのです。

英検4級、英作文の勉強を取り入れることでの大きなメリット

英検4級、英作文の勉強を取り入れることでの大きなメリット

英検4級、英作文と聞けば、英検4級の試験内容に英作文の問題があるのではないかと勘違いしてしまう人がいますがそうではありません。私がこれからお伝えするのは英検4級の英文法や英単語の勉強の一環として英作文を自分でやるとレーニングを取り入れてみてはいかがでしょうか?という提案であります。実は英検4級の勉強に英作文を取り入れることで大きなメリットが得られるのです。

英検4級の英単語の勉強が5級よりけた違いに難しくなる理由

英検4級の英単語の勉強が5級よりけた違いに難しくなる理由

英検4級は、英検5級の次の級です。英検5級、英検4級それぞれ対象が中学1年生、中が2年生となっています。さらに、英検5級も英検4級もどちらも大して変わりはなく難易度も低いので誰でも合格できるなんてことを言う人までいます。しかしですね。英検4級の英単語お勉強を英検5級の感覚のままでやっていると、イタイしっぺ返しにあってしまうのです。

くもんの英語で英検4級合格は可能なのか?

くもんの英語で英検4級合格は可能なのか?

どうもJ1です。くもんってご存知ですか?昔行ってたなぁ、今通ってる、今、子供を通わせてる、くもんに行ったことがない。とまぁ色んな人がいることと思いますが、今回はくもんでの英語の授業で英検4級に対応できるのかということについてお話させていただきたいと思います。

英検4級が高校入試で役立つケースとは?

英検4級が高校入試で役立つケースとは?

英検4級は中2レベルの英語力。そして高校入試はもちろん、中学校3年間の学力が問われるもの。当然、英検4級のレベルでは英語の試験にはあと1年足りないわけです。となると、高校受験を控えている人が英検4級所持および、英検4級程度の英語力では準備が不十分のまま高校受験を迎えてしまいかねません。もう高校受験まで日にちがありません。そんな中でも英検4級レベルでできることがあります。今から書くことを実践いただけるのであれば高校受験の英語の試験において最悪のケースは免れることができるかもしれません。 今回の記事、高校受験生必見です!

英検4級で受け身が理解できなければ合格が厳しい理由

英検4級で受け身が理解できなければ合格が厳しい理由

さてさて、今回の本題は英検4級の受け身のお話です。受け身、受動態ともいいますね。この受け身が理解できていないと、英検4級の合格ってちょっと難しいかなと私は個人的に思っています。ではなぜ、受け身をそれほどまでにJ1は重視するのか?今回はその理由と英検4級に必要な受け身の理解しやすい方法なんかもあわせて紹介したいと思います。

Sponsored Links

えらv