Sponsored Links

英検準2級、amazonで一番売れてるらしい教材がすごすぎた!!

英検準2級、amazonで一番売れてるらしい教材がすごすぎた!!

amazonで売れてる英検準2級の過去問、問題集、教本と色々あるんですけど、その中でこれが一番売れてるんじゃないのかな?って思う英検準2級の教本のようなもの見つけました。でもね、正直最初「なんでこれがそんなに売れてるんだろう?どこかの学校の先生とかが大量に生徒のために教材として購入しているんだろか?」とか色々考えたんですが、その教材を見てみると理由が分かりました。

英検準2級のアプリ(無料)のオススメできるものとできないもの

英検準2級のアプリ(無料)のオススメできるものとできないもの

英検のアプリなんでどうせどれも同じでしょ?なんて思ってる方、正解ですww正直な話ね、英検準2級だろうと他の級だろうとどれも似たり寄ったりなアプリが多いんですよ。その中でも、例えば英検5級とかだったら、「このアプリなら中1英語がしっかり学べそうだね→英検5級の範囲だよね」ってな感じでおすすめアプリとして紹介することはあるんですけどね。さて、本日は英検準2級のアプリで無料のものを紹介させていただこうかなと思いましてちょいとネットで調べたんですが、私個人的に「ああ、これいいじゃん!」と思うものがありました。

英検準2級の難易度に関する大きな誤解

英検準2級の難易度に関する大きな誤解

英検準2級って皆さまの中ではどんな位置づけにあるでしょうか?単に、英検3級と英検2級の間の級でしょ?なんていう単なる英検の級の一つに過ぎないという位置づけもあるでしょう。中には、英検準2級なんて難易度的に受験するに値しないという考えを持つ方もいます。今回、着眼したいのは後者の考え方のほうです。もしも、あなたも英検準2級が受験するに値しないとか、中学校の延長線上とか、難易度が低く楽勝な試験という認識を持っているのであればぜひともこの記事を読んで意識を変えていただければと思います。それでは最後までよろしくお願いします。

英検準2級の問題集おすすめbyJ1

英検準2級の問題集おすすめbyJ1

英検準2級ぐらいのレベルにもなってくれば、全員が一辺倒な勉強では通用しなくなってきます。中には、中学校の延長線上のような勉強でささっと合格してしまう人もいらっしゃるでしょうし、中には人よりも特別に多い勉強量やより丁寧な解説が必要になる人もいると思います。そんな英検準2級、大事になってくるのはやっぱり問題集なんです。英検における問題集って、家庭教師や塾、学校と同じぐらい大切なんです。っていうのも、英検のための塾とかってあまりないでしょ??

英検準2級の合格点、配点から見る一次試験攻略法

英検準2級の合格点、配点から見る一次試験攻略法

英検準2級の合格点についてなのですが、何点とれば合格なのか?って気になりますよね?さらに、英検準2級の一次試験における各設問の配点などにも注目したいものです。というのも、各設問の配点を知ることにより英検準2級の合格のための攻略法が見えてくるのです。今回は、そんな英検準2級の合格点と配点を見て、英検準2級の合格のための攻略を伝授いたします。

英検準2級ライティングのコツと問題対策

英検準2級ライティングのコツと問題対策

英検3級でもありましたが、英検準2級にもライティング問題がもれなくついてきます。英検のライティング問題イヤだなぁって思ってる人多いんじゃないですか?だって、英作文って面倒くさいというよりも、英語の単発問題は解けるけど、どうやって英語で作文作て行けばいいかわからないっていう英語の文章校正が苦手な人っているでしょ?でも大丈夫!J1が英検準2級のライティング問題のコツを教えちゃいます!それでは最後までお付き合いください!

英検準2級あたりから過去問に頼れなくなる??

英検準2級あたりから過去問に頼れなくなる??

英検準2級を受験しようと考えている人で英検準2級の過去問を使っての勉強を考えている人がいるのであれば、何人かの人には私はこう言いたいと思います。「それじゃあ、英検準2級は合格できないよ?」少し、最初から違和感のある発言をするな?なて思いましたか?特に、何人かの人には「それじゃあ英検準2級は合格しないよ?」と言いたい。これってどういう意味?って思いますよね?今回は、英検準2級からの勉強の仕方は変わってくるよーということをメインにお話していきたいと思います。

英検4級文法の対策を攻略して合格を手にする!

英検4級文法の対策を攻略して合格を手にする!

英検4級を受験しようと考えるときにまず第一に気にしてほしいのが英検4級の範囲の文法です。もちろん、英検4級に限らず英語学習全般において英文法は大切なのですが、英検4級を受験する人にとっては、英文法というのは第一の関門のようなものなのです。ではなぜ第一の関門となるのか?それは、英検4級が下から2番目の級というところにあります。英検5級ではそれほど難しい英文法というのはありませんでした。そのため極端な話、英検5級では英単語さえ暗記すれば合格するといっても過言ではないほどの簡単さでした。 さて、級は変わって今度は英検4級です。英検5級の延長でしょ?などと思ってかかると思わぬ痛手を負うことになってしまうかもしれません。

Sponsored Links