英検3級の穴埋め問題が驚くほど簡単に解ける魔法のような方法

Sponsored Links

英検3級で穴埋め問題に対して皆さまどのような印象をお持ちでしょうか?おそらくですが、穴埋め問題は簡単な問題の代名詞のように考えている人が多いはずです。実際に穴埋め問題は英検の割と始めのほうに出題されていて点がとれる問題といったような印象を持ちがちです。しかし!それは英検3級レベルの英語力を十二分に持ち合わせている人のお話です。これから英検3級を受験しようとしている英語力の人からすればなかなかの難易度に見えてしまうはずです。でも、やっぱり穴埋め問題はサッサと効率よく解きたいですよね?

今回はそんな英検3級の穴埋め問題を効率よく解いていく魔法のような方法を紹介します。

Photo credit: Ray in Manila on Visualhunt / CC BY

Sponsored Links

英語のリズムを完璧に覚えこもう!

まず、英語のリズムを完璧に覚えましょう!

正直いって、これだけの準備でも穴埋め問題はそこそこ解けるはずです。さらにいえば、英語のリズムをしっかりと覚えるというのはそれだけ重要なことでもあるんです。

ではなぜリズムがそこまで重要なのか?それは英語が言葉だからというところの意味があります。

日本語でも、知らなかった言葉でもなんとなく語感やリズムでこういう使い方は違うんじゃないかな?と気が付くことがあります。

それは私たちが長い年月をかけて日本語を使い、リズムをしっかりとカラダに刷り込んできたからなのです。

英語にも同じことがいえます。

This pen is a

なんて文章を見て、これが正解かどうか分からないなぁって思う人はいないはずです。

それは、簡単な英文構造と容易な英単語で誰でもわかるレベルということはさることながらThis is a penというリズムがちゃんと身についているからなのです。

前置詞、接続詞のルールをマスターしよう

穴埋め問題では、よくカッコの前後にof , to , is , for , so , などの英語がついていることがあります。

こういう前置詞とか接続詞の類の英単語の意味そしてルールをマスターしておきましょう。

たとえば、for~

という英語表現。

~に入る言葉は実は限定性があります。

forの後には名詞が必ずきます。

toの後であれば動詞。

といった具合にこういった言葉にはルールが存在しますのでそれをしっかりと覚えましょう!

英語のリズムにしろ、ルールにしろ、こういう感覚的に覚えるものはやっぱり英語の音読が一番です!

是非とも英検3級勉強に音読取り入れてください。

今日のオススメ英語関連本

本日もご覧いただきありがとうございました。以下、サイトマップになります。英検対策講座内の他の級に関することや他の勉強法などをご覧いただけます。ぜひとも一度チェックしてみてください。

英検対策講座byJ1サイトマップ



Sponsored Links

フォローする