英検4級の英単語の勉強が5級よりけた違いに難しくなる理由

Sponsored Links

英検4級は、英検5級の次の級です。英検5級、英検4級それぞれ対象が中学1年生、中が2年生となっています。さらに、英検5級も英検4級もどちらも大して変わりはなく難易度も低いので誰でも合格できるなんてことを言う人までいます。しかしですね。英検4級の英単語お勉強を英検5級の感覚のままでやっていると、イタイしっぺ返しにあってしまうのです。

Photo on Visualhunt

Sponsored Links

英検4級の英単語、英検5級と難易度が全く違う!

どっちも大して変わんないだろ?同じだろ?

なんて甘い考えを持っている現役の中学生の方や英検4級を受験しようとしている方がいるのであれば今すぐに考えを改めることをおすすめします。

英検5級の延長線上ではないですよ?

英検4級つまり中学2年生の英単語というのは英検5級に比べてかなり複雑で難解です。

英検5級の段階では肯定文に重きを置きよくやっても基本的な否定分、疑問文までであり英単語の使い方も非常にわかりやすくシンプルでした。

しかし、4級からは助動詞というエッセンスが加わり受動態・受け身なんていうなんでその組み合わせでそうなるの?と言いたくなるような特殊な英単語の組み合わせの文法まで出てきます。

これがどういうことかというと、単純な英単語の暗記では太刀打ちできないのです!

英検4級からは英単語一覧はあてにならない

英検4級に限らず英検2級とか1級、そしてTOEICなんかでもでる英単語一覧みたいなサイトや本がありますが、かなりの応用力が必要とされる場合にはあまり意味をなしません。

なので、英検4級からは英単語の勉強よりも英文法の勉強に重きをおいたほうが正解といえます。

英単語の勉強って残酷なものでやっている本人はすっごく勉強している気になるんですがふたを開けてみれば大したことができていなくて結果、暗記だけに終わったねなんてことが結構あるのです。

勉強した気分を味わうには少々大変かもしれませんが、英文法の勉強をしっかりと行ったほうがよほど効果的であり効率的でもあります。

英検4級、英単語も英文法の勉強で覚える

英文法ばかりやって英単語は大丈夫なのだろうか?と心配になる人もいらっしゃるとは思いますが、心配いりません。

英文法の勉強をするにあたって英単語との関係は切っても切れないものです。

なので、英文法勉強中に自然に英単語にもたくさん触れることでしょう。

何度も書いたり読んだりして暗記するよりも毎日触れたり使ったりするほうが英単語は実は覚えやすいのです。



Sponsored Links

フォローする