英検5級、7日間(1週間)勉強法

Sponsored Links

英検5級を受験する人のあるあるがあります。それは、英検5級ぐらいならまぁバカでも受かるだろうといういわゆる胡坐をかくってヤツです。確かにね、英検5級は合格率80%以上という驚異的な合格率を誇る試験ではあります。しかし、特に中学1年生なんかの初めて英検5級を受験する人は試験本番が近づくにつれてだんだん、段々不安になってくるんですよ。

なぜ不安になるかわかりますか?

それは、まず合格するだろうと高をくくっている英検5級を万が一にも不合格になてしまったら大変だからですww

人に対して「お前、あれ落ちたの?大丈夫?ww」って思うものって自分がそうなってしまったらまー恥ずかしいですよねww

とまぁ、そんな支離滅裂な考え方のお坊ちゃん、お嬢ちゃんたちはだいたい1週間前に「あ、やべーな」と気づき始めることが多いです。

ということで、そんな支離滅裂ではあるけど、まず英検5級なら合格できるとは思っているけど、万が一のときのために残り一週間で英検5級の勉強をなるべくやっておきたいという人のための記事となります!

Photo on Visual Hunt

Sponsored Links

英検5級1週間で間に合わせる勉強法

これは英検5級を初めて受験する人、中学1年生や小学生の人を対象としていますのでご了承ください。

まず下準備として自分が分からない英単語のチェック、分からない単元のチェックをしておきましょう。

単元というのは、英語の教科書での各単元のことです。

be動詞であったり人称代名詞、三人称単数のSなどここはとく分からないなというものを勉強ではなくまずは洗い出してみましょう。

単語をおぼえる

それでは準備にとりかかります。

まずは英単語を覚えましょう。

ノートに書き取りしてもかまいませんが1週間おいう期間を考えればこの方法は現実的ではありません。

何度のノートに書きとるのではなく分からない英単語の理解度を深めるような勉強、覚え方が必要となってきます。

そのために、辞書や教科書をフル活用して自分が納得できるようにしておきましょう。

これに要する期間は1週間まるまる使います。

そしてこれと並行して以下の勉強を行っていきましょう。

リスニング試験対策

主に、1週間のうちの残り3か程はリスニング対策に使いましょう。

英検5級の過去問の付属のCDなどを使って練習してください。

1週間のうちのおおよそ半分をリスニング対策に使う理由があります。

それは、リスニング対策は筆記試験対策も兼ねるということです。

リスニング試験は筆記試験の知識もなければ解くことはできません。

つまり、リスニング試験対策は一石二鳥になるのです。

英作文トレーニング

1週間を通して少しずつ行ってください。

英検5級では英作文の問題は出ませんが実は英作文を自分でやるということは英語の勉強においてものすごく効果的なのです。

英作文と聞くと堅苦しいかもしれませんが、英日記でもかまいません。

簡単なものでもかまいません。

自分で英文を作る訓練をやっておきましょう。

1週間でのトレーニングではありますが、他の英検級の受験者や英検受験はしないけど英語の勉強をしているという人にもこれはすごくおすすめです。

特に、小学生、中学生の皆さま、英作文は周りに圧倒的な差をつけることができる魔法のような勉強法です。

今すぐには効果がでなくても1年後、5年後、そして大人になったときに周りの友達や知人とは比べ物にならないほどの英語力があなたについていることをお約束いたします。

ちなみになぜこれほど言い切れるのかというと、私自信がそうだったからです。

英文音読

当サイトでも何度も何度も言っていることですが、英文の音読。

これは欠かさずに毎日できれば英語の中学1年生の教科書、全ページ行ってください。

最悪、これだけでも英検5級に合格できる確率はかなりあがります!

以下、サイトマップになります。英検対策講座内の他の級に関することや他の勉強法などをご覧いただけます。ぜひとも一度チェックしてみてください。

英検対策講座byJ1サイトマップ



Sponsored Links

フォローする