英検5級の指導、教え方はどうすればいい?

Sponsored Links

英検5級となれば勉強法や単語の覚え方よりも実は指導方法で悩んでいる人が多いのです。英検5級といえば対象レベルは中学1年生レベルですが、昨今小学生や幼稚園児に対しての英検指導というものもあります。さらには、学生時代に英語を勉強してこなかった社会人の方に対しての英検5級指導というものもあります。

おもに塾講師の方や家庭教師の方のお悩みですね。

しかし、

英検5級の指導って一体何からすればいいのか分からないなんてことはありませんか?

今回はそんな英検5級の指導に関して私のやり方を紹介したいと思います。

Photo on Visualhunt.com

Sponsored Links

英検5級の指導方法、まずは英文に慣れさせよう

英検5級レベルの受験を目指す人の特徴としてまず英文そのものに慣れてないということがあります。

アルファベットを言ってみて?

といえばABCDということはできる。

Penという単語は分かる。

でも、He is a nice English teacher.

という英文でさえ理解はできるものの書いたり話したりすることにはてんで慣れていないのです。

まずはそういった英文への慣れを促すことが大切になってきます。

英単語を覚えさせる

次に行うべきは英単語の暗記です。

英単語の暗記は英語学習の本質においてはあまりおすすめできることではありませんが英検5級レベルの人はまずは暗記から始めましょう。

ここで英単語の暗記をするのには実はもう一つ隠れた意味があってそれは英語の読み方というものに慣れてもらうというものです。

ローマ字の読み方というものに日本人は慣れてしまっています。

AならアKaならカ、といった具合です。

しかしながら、英語ではそこは完全に一致はしません。

英単語の暗記で並行して英語独特の読み方を学ぶようにしましょう。

英文を通して英単語の意味を理解させる

先ほどの行程で英単語の暗記ができました。

今度は英文を理解しながら英単語を覚えるだけではなく理解でるように教えていきましょう。

英単語の覚えるのと理解できたのとは違います。

英単語を使って英文を作れるようになろう!とまではいいませんが、簡単な英文であれば短文、長文とわず理解は最低でもできるようにまで教えてあげてください。

ここまでが、おおむねできるようであれば英検5級は割と簡単に合格できます。

もしも、更なる完璧さを求めるのであれば英単語を使っての英作文ができるようになる。などの工程を加えるとさらに理解が深まりより密な英語学習が可能になりなす。

以下、サイトマップになります。英検対策講座内の他の級に関することや他の勉強法などをご覧いただけます。ぜひとも一度チェックしてみてください。

英検対策講座byJ1サイトマップ



Sponsored Links

フォローする